日本生体医工学会 専門別研究会
生体画像と医用人工知能研究会

お知らせ

  • 2020年7月, 研究会ホームページをこちらに移設しました.

  • 2020年5月25〜27日岡山コンベンションセンターにて開催される第59回日本生体医工学会大会において, 「生体画像と医用人工知能の新潮流III」と題したオーガナイズドセッションを開催します. 詳細は,今後の研究会開催予定をご覧ください.

  • 2020年3月,第2回若手発表会をオンライン開催いたしました.

  • 2018年4月「生体画像と医用人工知能研究会」が発足しました.

生体画像と医用人工知能研究会とは

生体医用画像研究会は,日本生体医工学会の専門別研究会の1つです. 「生体医用画像研究会」(2014〜2017年度)を継承・発展させ,2018年4月に発足しました.

画像医学は生体医工学領域で重要な位置を占めます. また,放射線医学領域でのいわゆる医用画像に加えて, 近年はモダリティーの種類が増加したことによって適用が拡大しつつあり, さらにコンピュータグラフィックス・機械学習など工学的手法の応用領域も拡大しつつあることから, 生体医工学の他の領域と医用画像領域の連携は今後重要になると考えられます.

本研究会は、医用画像各領域の研究関連情報の交換及び人的交流を促進、研究の活性化を目的としています. 本研究会では、医用画像に関連する他の学会(電子情報通信学会・医用画像研究会, 日本医用画像工学会など)との連携を 積極的に図ることで、医用画像関連領域の融合的な活動を行います.

本研究会では,機械学習アルゴリズムが深化する中での医療応用特有の課題を扱うと共に, 生体医用画像の入口と出口すなわち生体イメージング・グラフィクス・ヒューマンインタラクションに関する研究を 合わせて深化させることを目標としています.

お問い合わせ

生体画像と医用人工知能研究会 事務担当幹事

黒田 嘉宏(筑波大学

bmeimg-office [at] googlegroups.com